生キャラメルが生じゃない理由

少し前においしいと評判になり、全国的大ブームになった生キャラメルですが、実は全然生じゃなくて、調理法的にも衛生的にも「火が入って」います。


生クリームやお砂糖などの材料を、お鍋で煮込んで作りますから、いわゆる「生」ものではありません。

ではどうして火が通った状態なのに、「生キャラメル」と名付けられ、呼ばれて定着したのでしょうか。
それはおそらく通常のキャラメルとの比較から生まれた絶妙な表現だと言うことができるでしょう。
昔からあるキャラメルは、ほぼ飴玉の状態です。



水分を煮飛ばすことで濃度が上がり、保存性も上がります。


カチカチですが、口の中で溶かし、柔らかくなることでおいしさが味わえるものです。



生キャラメルは水分を残した状態で過熱をやめることで、ソフトな食感を生み出します。



より溶けやすくふんわりした風味も生かされています。


これまでに発想がなかった状態で製品とし、販売するところに絶妙さがありました。


大ヒットの裏には、既成概念を打ち破ることで食べた人に驚きが生まれた結果の発明品だったのかも知れません。

衛生的にも火が通っている、と書きましたが、一般的なキャラメルと比較すると各段に水分が残っています。

このため、賞味期限が短かったり、保存方法が指定されていることもあるでしょう。


おいしさを長く維持する必要があった昔の製法を捨てることができたのは、現代の衛星保持知識や技術発展、輸送法の発展があってこそ、とも言えそうです。


サポート情報

生キャラメルとは北海道で誕生した菓子で、基本的にはキャラメルと同じものですが、主原料として生クリームが大量に使われているのが特徴になります。生まれたきっかけは牛乳の消費が落ち込んだ時に、売り上げに繋げようと開発されて、濃厚で深い味わいが人気となり、瞬く間に北海道の新しい名物として定着しました。...

more

耳より情報

生キャラメルは某牧場が販売したことで一気に注目を集めるようになりました。独特の柔らかい食感とバターの風味に高級感があり、お土産品としても様々な年代の人から好まれています。...

more

生活コラム

生キャラメルとは、キャラメルより生クリーム等の分量を多くして作られたキャラメルのことです。キャラメルとは、砂糖、牛乳、生クリーム等を煮詰めて、冷やし固めて作る食感の柔らかい飴菓子です。...

more

納得の真実

生キャラメルとは主原料に生クリームを大量に使ったキャラメルのことで、一般のキャラメルと製法は一緒ですが、出来上がりの状態が大きく異なります。いわゆるキャラメルは固形状でスーパーやコンビニで売られているものは常温保存が可能であり、ある程度の硬さを保っています。...

more