生キャラメルの作り方とそのポイント

生キャラメルとは、キャラメルより生クリーム等の分量を多くして作られたキャラメルのことです。
キャラメルとは、砂糖、牛乳、生クリーム等を煮詰めて、冷やし固めて作る食感の柔らかい飴菓子です。

キャラメルとカラメルは違うものです。


カラメルとは、砂糖に水を加え加熱して作った粘性のある褐色の焼き砂糖で、プリン等に用いられるものです。
生キャラメルは家庭で簡単に作ることができます。



生クリーム、牛乳、砂糖を鍋に入れて混ぜ、焦げないように煮詰めた後、冷やし固めることでできます。
バターやはちみつ、塩やバニラビーンズなどを入れることで、コクや食感、甘みや香りを増すよう工夫されたレシピもあります。

市販のキャラメルに生クリームやバターを加えて、レンジで溶かし混ぜることで生キャラメルを作る方法もあります。

鍋で火にかけ混ぜて溶かす場合は、大変焦げやすいため沸かしすぎないよう、へらなどでよく混ぜながら焦げ付かないように注意しながら加熱することがポイントです。



冷やし固める際に、うまく固まらない場合がありますが、使用する生クリームが植物性のものだと固まりにくいようです。また、生クリームなどの量が多すぎると柔らかくなりすぎて固まりにくくなります。



動物性の生クリームを適量使用することがポイントです。
どうしても固まらない時には、そのままミルクジャムとして食べるのもおすすめです。
とろとろの状態のものをパンに塗るなどして食べてもとてもおいしいです。