生キャラメルの作り方

生キャラメルは某牧場が販売したことで一気に注目を集めるようになりました。

独特の柔らかい食感とバターの風味に高級感があり、お土産品としても様々な年代の人から好まれています。

お店の物を購入することでしか味わうことができないと思われがちな生キャラメルですが、実は自宅でも簡単に作ることができます。材料はお店によって異なりますが、基本的には砂糖、牛乳、はちみつ、バター、生クリームがあれば作ることができます。
まず砂糖を火にかけて焦がし、そこに牛乳とはちみつを入れてのばしていきます。

沸騰したらバターや生クリームといった油脂類を加えて炊いていきます。


生キャラメルのかたさを決めるのはこの炊く時間です。



しっかり炊けば固めな仕上がりになりますし、極力炊く時間を短くすれば手の温度でも溶けてしまうほどの柔らかい仕上がりになります。


ベストなタイミングは、炊いた生地をスプーンですくい、それを氷水につけます。



氷水の中で触ってみたときに固形を保ち、指でつぶしたときに変形する程度がちょうど良いかたさです。

もしそこで氷水内でとけてしまうようであればまだまだ炊き時間が足りないということになりますし、指でつぶせないようであればかたい生キャラメルとなってしまいます。生キャラメルは材料の分量や火を入れる時間によってかたさを自由に変えることができます。
またオーブンを使うわけではなく、鍋1つでできるため特別な器具も必要ありません。



高級なお菓子のイメージがありますが、実は自宅で簡単に作ることができるお菓子でもあるのです。