生キャラメルについて知ろう

生キャラメルとは北海道で誕生した菓子で、基本的にはキャラメルと同じものですが、主原料として生クリームが大量に使われているのが特徴になります。



生まれたきっかけは牛乳の消費が落ち込んだ時に、売り上げに繋げようと開発されて、濃厚で深い味わいが人気となり、瞬く間に北海道の新しい名物として定着しました。


基本的に販売は北海道だけですが、物産展などで取り扱われることは多く、今も人気となっています。


製法に関しては生キャラメルも一般の物と同じで、原料である生クリームや生乳、蜂蜜、砂糖、マーガリンなどを鍋に入れて煮詰めていき、適度に煮詰まったところで冷まして任意の大きさにカットしていきます。

普通のキャラメルと違って生クリームの配合が多いので柔らかく、常温のままでは溶けてしまうものもあるので取り扱いには注意が必要です。

また賞味期限も短い場合が多いので、土産で購入する際には日付を確認してください。



誕生した当時は生産数が少なく、爆発的な人気となり簡単に買うことができませんでした。
ブームとしては落ち着きを見せている生キャラメルですが、昨今は常温保存が可能、チョコレートやメロン、イチゴといったフレーバーの味も出てきて、再び人気となってきています。



また近年に誕生しましたが、北海道土産として定番となっており、大きさや価格など買い求めやすく需要は高いままです。

本州の場合、物産展などを利用しないと手に入らないので、レア感の高い品と言えます。