生キャラメルの特徴について紹介します

生キャラメルとは主原料に生クリームを大量に使ったキャラメルのことで、一般のキャラメルと製法は一緒ですが、出来上がりの状態が大きく異なります。


いわゆるキャラメルは固形状でスーパーやコンビニで売られているものは常温保存が可能であり、ある程度の硬さを保っています。

対して生キャラメルの方は完成状態がとても柔らかく、常温で保存しておくと溶けてしまう場合もあり、注意が必要です。誕生のきっかけは北海道の牧場で牛乳の消費が低迷してきた時に、消費拡大を目指して開発されました。



その後にブームとなり、北海道だけではなく、他の地でも新規参入して開発に取り組む企業が増えました。現在は落ち着いてきていますが、北海道の名物として認識され、土産として根強い人気があります。



全国で開催される物産展でも人気が高く、一般販売は少なくレア感があるのも需要が高い要因です。

製法としては一般的なキャラメルと同様で、主原料を煮詰めて冷やしていきます。



ただ生キャラメルの場合は生クリームの分量がとても多く、それだけに出来上がりが柔らかいのが特徴です。
手で持っただけで熱で溶けるくらいなので、持ち運びに注意が必要になってきます。


消費期限に関しては同じ生キャラメルでも内容によって異なり、土産用に購入する場合は気を付けた方がいいです。


お菓子としてだけではなく、ソースとしても販売されているので、目的に応じて求めるのが良くバリエーションは豊富にあります。